fc2ブログ

2024-03

Latest Entries

Sam Levinson

はい、すずでございます。
今回はサム・レヴィンソンのことです。
先日、カオリさんから以下の詩を見せてもらいました。

******************************************************
日本語
******************************************************

" 魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと
 愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること
 スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かち合うこと
 豊かな髪のためには、1日に1度、子供の指で梳いてもらうこと
 美しい身のこなしのためには、決して1人で歩むことがないと知ること

 人は物よりはるかに多く回復し、復活し、生きかえり、
 再生し、報われることが必要なのです
 くり返し、くり返し、報われることが。
 決して何人たりとも見捨ててはなりません

 助けてくれる手が必要なとき、
 自分の腕の先にその手があることを思い出して

 歳をとると、人は自分に2つの手があることに気づきます。

 1つの手は自分自身を助けるため、
 もう1つの手は他者を助けるために。”


女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

サム・レヴィンソン

******************************************************
英語
******************************************************
"Time Tested Beauty Tips"

For attractive lips, speak words of kindness.
For lovely eyes, seek out the good in people.
For a slim figure, share your food with the hungry.
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
reclaimed and redeemed and redeemed ...
Never throw out anybody.

Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.

The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
because that is the doorway to her heart,
the place where love resides.

The beauty of a woman is not in a facial mole,
but true beauty in a woman is reflected in her soul.
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,
and the beauty of a woman with passing years only grows!


Sam Levinson

******************************************************

初めてこの詩を知りましたが、有名な詩だそうです。
オードリーヘップ・バーンが読んでいたということですが、
大女優が読んでいただけあってすごく印象に残る詩だと思います。
この詩の女性象はとても魅力的なのですが、そんな女性像とはかけ離れすぎている・・・
というよりも全くの別人すぎる私ですが、少しは見習ってと思うのでした・・・。

(なんか全然面白くなくてすみませんでした。次こそは!!)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://answerknocks.blog20.fc2.com/tb.php/142-2cdb1c83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

Translation(自動翻訳)

 

最新記事

プロフィール

answerknocks

Author:answerknocks
株式会社アンサーノックス
山梨県甲府市丸の内2-30-5 3F
TEL:055-287-6811
info@answerknocks.com

 

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード